うさぎ餌やりボックスの制作

12 01, 2019 | Tag,制作プロセス,ペット
box.jpg

年明けに自宅で、うさぎ二羽をしばらくの間世話をすることになり、そのための餌やりボックスを自作した。
餌の干し草を入れる箱部分と、うさぎが餌を食べるスペースを持つものだ。

米国ではRabbit Bunny Hay Feederという名称で100ドル前後で販売されている。
ネットで調べてみた限り、日本では同タイプのものは販売されていないようだ。
米国から取り寄せると送料も結構かかりそうなのと、構造がそんなに難しくなさそうなので自作することにした。





アイデアスケッチ

まずはアイデアスケッチを描いて、大まかな構造とサイズを考えた。





cad1.jpg

図面化
方眼紙などに手描きでもよさそうなレベルだが、フリーの2D・CAD作成ソフトで作図した。
パソコン上なら途中の修正なども簡単にでき、寸法も自動的に入るので材料採りの寸法図面にも使える。





P1020269.jpg

完成した図面データはPDFフォーマットに変換して書出し、タブレット端末に読み込んだ。
こうすると紙に印刷する必要もなく、作業中に手元で図面を表示して拡大縮小も自由にできるのでとても便利だ。





材料

DSC05076.jpg

ホームセンターで木材を購入して、指定寸法にカットしてもらった。





かんなかけ

鉋かけ




ドリル

電動ドリルで座繰り




DSC05078.jpg


DSC05088.jpg


ノミ

ノミによるヒンジ座の凹加工




DSC05100.jpg

組み立て




DSC05099.jpg

丸棒柵の組み立て




DSC05108.jpg

段々形になっていく組み立て作業が一番楽しい時間だ。




DSC05112.jpg

上蓋を開けたときに後ろにバタンと倒れないように、ストッパー付きのステーを追加した。




finish.jpg

完成





usagihouse.jpg

うさぎを飼うのは初めてだけれど、準備は出来た。


--------------------------------------
師走
高校1年の時、古文の授業開始のベルが鳴り担当のT先生が教室に入ってきて、「今日は師走だね。 僕も今職員室から走ってきたよ。」と冗談を言い皆を笑わせた。
色白の顔がちょっと赤くなったのを思い出す。

 



街の風景 #1482

08 08, 2019 | Tag,遠州地方,制作プロセス
WM_ensyu_20190807.jpg

田圃のある風景ーその3 クレパスで描いてみた


続きを読む »

4 CommentsPosted in 着彩

街の風景 #1481

08 07, 2019 | Tag,遠州地方,制作プロセス
WM_ensyu_20190806.jpg

7月28日に掲載した絵と同じ風景を水彩色鉛筆で描いてみた。
毎年夏になると、いつもと違う画材やテーマで絵を描いてみたくなることが多い。
今回は水彩色鉛筆で描いてみた。


水彩色鉛筆は何年も前から本棚の隙間に置きぱなしになっている。
購入した覚えがないので何かの景品としてもらったのかもしれない。 元職場のビンゴゲーム大会の景品だっかな?
紙は淡いブルーグリーンの薄いもので、以前何かで使った残り。

水彩色鉛筆でちゃんとした絵を描くのは初めてだったが、線描きの上から水を含んだ筆でなぞると、結構鮮やかな色が出るのに驚いた。
また、色鉛筆の先を直接水で濡らして描くと、結構しっかりとしたタッチ残ることも分かった。
色数が12色しかないので、影の色などが出しにくい。
余り彩度が高い色よりもグレイッシュなトーンやもっとダークな色があると、表現の幅が広がるように思う。

続きを読む »

2 CommentsPosted in 着彩

制作プロセス #6

12 10, 2018 | Tag,制作プロセス,動物
cat_1_20181209.jpg

頭と胴体の大きなプロポーションと耳、目、鼻と口のバランスをとる
首を少し傾けているので、顔の左右のバランスにも気を配る




cat_2_20181209.jpg

顔の表情を整えて、毛並みの方向を考えて少し描き込む





cat_3_20181209.jpg

胸から前足にかけて、毛並みを描く




cat_4_20181209.jpg

頭と胴体の縞模様を整える




cat_5_20181209.jpg

トーンの強弱を揃えて、鉛筆画のプロセスとしては完成





cat_6_20181209.jpg

透明水彩絵の具を軽く載せていく




cat_7_20181209.jpg

絵の具で少し陰影のトーンを加えて完成

Fluid Watercolor Paper、シャープペンシル 0.3mm H/HB/2B



レビュー #6

10 15, 2018 | Tag,制作プロセス
WM_review_20181014_1.jpg

この2枚の絵は、アクセントの人物以外は3色の絵の具(ラベンダー、コンポーズブルー、プルシアンブルー)で描いた。
特に「明るい・中くらい・暗い」の三段階の明暗を意識した。
 
 
 

続きを読む »

プロフィール

Hudson Terrace

Author:Hudson Terrace
----------------------------------------------       
自分らしい絵を目指す。

----------------------------------------------

**画像の無断転載は禁止します**

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最新コメント
リンク
カテゴリ
PDタグリスト
 
月別アーカイブ