家の模型制作 #5

09 25, 2015 | Tag,造形,その他
制作プロセスの記録
2回に分けて掲載します。 興味のある方はご覧ください。

制作プロセス その1
WM_平面図
1:記憶をたどって描いたラフな間取り図
パソコンのCADソフトで図面を起こすことも考えたが、なんだか大げさな感じがしたのと今回は手作りを楽しもうと思ったので紙と鉛筆で行くことにした。
縮尺は当初20分の1を考えたが、窓枠などの細く小さい部品が作れないので最終的に40分の1とした。



WM_ペーパーモデル
2:間取り図を基にして作ったラフなペーパーモデル
テープでつぎはぎだらけだが、こうして立体にしてみると完成イメージがよりはっきり掴める。
また本番で組み立てていく時の問題点が事前に把握できたり、作る順番を決めるのにとても役にたった。



WM_ベース土台1
3:本番制作スタート。 まずはダンボールで作る土台部分から。
一段高くなっているところは部屋になるところ。
組み進めると塗装しにくい押入れの床や廊下などは、この時点で塗っておいた。 庭は別ピースで造ってあとで組み合わせることにした。



WM_壁1
4:厚紙で作った壁の仮組み
紙の反りやカット精度が原因で、壁の高さのばらつきや直角が出ていなかったりしているが、多少の誤差はゆるい建築基準を適用してOKとする。



WM_たたき塗り
5:内装の仕上げ段階でコンクリートのたたきになる箇所(手前の白)をこれから絵具で塗るところ。
部屋の内装はほぼ完成している。



WM_木目つくり
6:外壁の木目模様や内装の柱などの木目は絵具で描いて適当なサイズにカットして使った。
紙の種類により木目の雰囲気も変わってくるので、絵具の色や濃さ、筆のタッチを変えながら画用紙だけにこだわらずにいろいろな種類の紙で作ってみた。



WM_木目板壁1
7:庭に面した外壁の仕上げ
短冊状にカットした木目の紙を貼って板壁の雰囲気を出した。
この木目の色と柄それに風雨にさらされた雰囲気がなかなか出なくて、数回作り直してやっとイメージに合うものが出来た。
ここは仕上げで妥協しなくて良かったと思えた箇所のひとつだ。


制作プロセス その2へ続く
4 CommentsPosted in 造形

家の模型制作 #3

09 23, 2015 | Tag,造形,その他
WM_家具

なんだか引越しの風景みたいではあるが、現在までに作った家具などを並べてみた。
左から洋服ダンス、和ダンス、飾り棚、収納棚、ラジオ(上)、ちゃぶ台(下)、蒔き、かまど
SDメモリーカードは大きさ比較のため


10 CommentsPosted in 造形
プロフィール

Hudson Terrace

Author:Hudson Terrace
----------------------------------------------       
自分らしい絵を目指す。

----------------------------------------------

**画像の無断転載は禁止します**

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新コメント
Lc.タグクラウド

リンク
カテゴリ
PDタグリスト
 
月別アーカイブ