遠州地方の風景 #12

03 26, 2013 | Tag,遠州地方
WM_Kikugawa_20130324_1.jpg

牧の原台地山裾の風景
静岡県菊川市倉沢
東海道本線の金谷駅と菊川駅の中間あたりの車窓風景が以前からとても気になっていた。
先週、その車窓風景と思われるあたりを訪れてみた。

サンフラワーペーパー M画 特厚口 #170 八つ切
絵のサイズ A4(297mm x 210mm)
透明水彩

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
関連記事
3 CommentsPosted in 着彩
3 Comments
By タッド03 27, 2013 - URLedit ]

先日はご丁寧なご回答をいただき、感謝!! とくにレンズの話は参考になりました^^
「道」...とくに先へ伸びる道、先で曲がりその先が見えない道...は風景画で最も魅力を感じながらも、私には構図が難しく、描けないのですが、、、↑ さらっと(決してそうではないのでしょうけど)嫌味なく描いていらっしゃる!!しかも、私の好きな、この道は何処に?という要素があって、惹かれます。何か心がけていることってありますか?とくに私はパース?というか、道の始まりが自分の位置から何メートルくらい先から入れたらいいのか?足元か3メートルくらいか、10メートルくらいか^^迷ってしまいます。もちろん、ケースバイケースだとは思いますが、アドバイスをいただければ^^

By Hudson Terrace03 27, 2013 - URL [ edit ]

タッドさん、コメントありがとうございました。
何メートルのところから描き始めるかというご質問ですが、何メートルからという数字を意識したことはありません。
やはり構図次第で変わるものだとは思いますが、注意しているのは画面全体の中で占める道の面積です。
よほど変化のある特徴的な道でない限り、道の面積を大きくとり過ぎるとその扱いに困ってしまいます。
遠景に続く道の表現は、道自体を描かずにその周辺にあるであろう点景、例えば家・木・電柱などを描くことで見る人の想像に任せ道の存在を感じてもらいます。

By タッド03 27, 2013 - URLedit ]

非情に的確でわかりやすいアドバイスです。ありがとうございます。「道を描こうとせず...」!!

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
プロフィール

Hudson Terrace

Author:Hudson Terrace
----------------------------------------------       
自分らしい絵を目指す。

----------------------------------------------

**画像の無断転載は禁止します**

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
PDタグリスト
 
カテゴリ
月別アーカイブ