街の風景 #771

01 07, 2016 | Tag,,建物,横浜
WM_Yokohama_20160104_1.jpg

横浜・冬の日本大通

Nihon-odori in witer, Yokohama


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

WM_penink_20160107_1.jpg

使用したペンについて質問がありましたので画像を載せておきます。 (2016/1/7 13:40)
ペン先は丸ペン(タチカワ T-99丸ペン)というものです。
ちなみにインクはパイロットの証券用です。



WM_penink_20160107_2.jpg

ペン先の拡大画像ですが、上はGペンというもので、丸ペンよりも太目の線が描けます。
下が今回の絵に使った丸ペンです。 Gペンと比べて細めの繊細な線が描けます。
当初、この2種類のペンで描くつもりでしたが、結局丸ペンだけで描き終わりました。



関連記事
5 Comments
By 01 07, 2016 - [ edit ]

このコメントは管理者の承認待ちです

By つぐみ01 07, 2016 - URL [ edit ]

すてきですねえ。これに色を入れてもすてきでしょうね。見てみたいです。どんなペンをお使いなのでしょうか。

By Hudson Terrace01 07, 2016 - URL [ edit ]

つぐみさん。コメントありがとうございました。
色を入れるとペン淡彩画になりますね。
今回はペンだけで描きましたが、別の絵になりますが淡彩画も近いうちに描くつもりです。
ペン先は丸ペンを使いました。
後でこのブログ記事の「続きを読む」にペンの画像を入れておきます。

By つぐみ01 08, 2016 - URL [ edit ]

ご親切に教えて下さいましてありがとうございます。やはりボールペンやサインペンではこういう繊細な線にはならないですよね。

By Hudson Terrace01 08, 2016 - URL [ edit ]

つぐみさん、コメントありがとうございました。
そうですね、ペンだと少し力を入れて描くと太くて力強い線がかけますし、紙の上を軽くかすめるようにサーッと引くと、細くてシャープな線も描くことができます。
都度インクを足す手間がありますが、ペン先の微妙なコントロールで表情のある線が描きやすいと思います。

ボールペンやサインペンは、インクの補充の心配をしなくていいのが利点ですね。
連続して描き続けることができるので、外で描くときには便利ですね。
線の太さのバリエーションが豊富なサインペンもあるようなので、そういうものを利用するのもありですね。
ボールペンもサインペンも付けペンほどではないですが、軽いタッチや素早く線を引いたりすることで線の強弱をつけることが出来ます。



> ご親切に教えて下さいましてありがとうございます。やはりボールペンやサインペンではこういう繊細な線にはならないですよね。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
プロフィール

Hudson Terrace

Author:Hudson Terrace
----------------------------------------------       
自分らしい絵を目指す。

----------------------------------------------

**画像の無断転載は禁止します**

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
PDタグリスト
 
カテゴリ
月別アーカイブ